2006年01月04日

長距離フライトの途中に

機内アナウンスで「それでは快適な空の旅をお楽しみ下さい」と言われても、日本から欧州への約12時間は長すぎる。エールフランス航空のコンコルドは、パリとニューヨークを3時間55分で結ぶ。機内滞在時間が短くなれば苦痛も少なくなる。しかし、現在は運行されていない。機体の製造も終了されている。超音速旅客機の普及には滑走路の確保、騒音問題、運賃(かつては全席ファーストクラスであった)と課題が山積している。

時間が短縮できないとすると、他に方法はないものか。欧州とニューヨークを結ぶ直行便は数多くあるが、途中でアイスランドを経由する便も人気がある。「アイスランドとは遠回りだな」と思うなら、メルカトル図法の世界地図が脳裏に焼き付いている弊害かもしれない。

しかもアイスランドは親しみやすい。部屋に入るときには靴を脱ぐのである。ブルーラグーンという温泉もサウナもある。さらに間欠泉(Geyser, ゲイシルと発音するが語源はアイスランドの間欠泉らしい)などの観光資源も豊富である。水素社会としても注目されている。ちなみに首都レイキャビクは、煙たなびく町という意味である。興味があれば是非訪れて欲しい。但し、夏期以外は相当着込んでお出かけを。

アイスランドのような豊かな文化と観光資源が、日本と欧州の中間点にあれば、旅はもっと楽しくなるであろう。トランジットビザでロシアのホテルに宿泊し、市内観光するのもよい。もしくは、北極圏でオーロラが見える大自然や、少し南下して寄り道しても、中央アジアの歴史を安全に散策できるところはないものであろうか?

A380.JPG

パリ航空ショーで初お目見えしたエアバスA380
さすがにでかかった


posted by シリウス at 01:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

あけましておめでとう♪
Excerpt: あけましておめでとうございます♪今年はブログに挑戦すると言うことで正月からPCに向かっています!!
Weblog: おこちゃま日記(メイドカフェで働く私)
Tracked: 2006-01-04 01:29

エールフランス
Excerpt: エールフランス型機エールフランス (Air France) はフランスの航空会社で、かつては国営だった。1933年会社設立。フランスのいわゆるフラッグ・キャリアである。かつては超音速航空機、コンコルド..
Weblog: 航空会社情報
Tracked: 2006-01-05 15:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。