2009年08月08日

レオナルド・ダ・ビンチ記念国立科学技術博物館@ミラノ

バックパッカーにとって、目的地の情報が日本語のガイドブックに記載されていることはありがたい。特に、地球の歩き方はLonly Planetを上回る勢いで多くの国をカバーするようになった。ヨルダンでは、地球の歩き方Frontierシリーズがためになった。

特に日本のガイドブックは小さい町でも地図が掲載されている。現在も欧州の(i)インフォメーションは開館時間が短いため、地図を入手せずに町中をさまようことがあるためだ。

地球の歩き方では観光地を三つ星で評価する。時間がないときには一つ星は訪れない。ところが、この評価を裏切る好例がある。

CIMG1158

ミラノ市内にある「レオナルド・ダ・ビンチ記念国立科学技術博物館」である。ダ・ビンチが考案した機械力学を触りながら体験できることは勿論のこと、戦闘機や潜水艦、反戦などの実物が展示されている。

CIMG1159

SL(steam locomotive)は20台展示されていて、鉄ちゃんではないのに、子供のように乗り込んだ。それにしても、機関室は狭い。あれでは暑くて大変であったろう。ところで、殆どの人が気付かないところに、太陽電池パネルがある。

CIMG1162

なんと、この太陽電池パネル、 ミラノの強い日差しの中、大樹の下で涼んでいるのだ。しかも相当汚れている。こういうところもイタリアらしくて好きだ。



posted by シリウス at 23:22| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Italy!!行きたい。友達に会いに!!こんなこと言えるようになるなんて不思議!!
Posted by tomoko at 2009年08月16日 02:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。