2010年03月22日

地妖天変再び

低気圧の通過により大風に見舞われた。その音が大きく、寝付くのにも時間がかかった。

翌朝、風も止んで一安心。支度をして出かける途中、なんと竹垣が倒壊していることに気づいた。

竹垣倒壊.JPG


昨年は40mに亘り倒壊したが、今回は反対側の12mが倒壊。もっと驚いたことは、昨年の同じ日であること。3月21日である。お彼岸と関係しているのであろうか。


posted by シリウス at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

寒くなると寄り添って

image

posted by シリウス at 22:16| 東京 ☔| Comment(0) | 新居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

火災保険の落とし穴

幸いなことに、火災保険の風災扱いで倒壊した竹垣の費用が支払われた。ありがたい。

image

ところが驚いたことに、火災保険では撤去費は出ないそうだ。例えば、火事で焼失すれば、新居を建てることができるが、焼け落ちた家の解体・撤去・廃棄費用は支払われない。かくして、アルミ材やコンクリートなどの撤去費10万5千円は免責となった。それでも、それ以外の全額がカバーできたのでありがたいが。

必要であれば特約に入るべし、とのこと。こうなると特約もよく読んでおく必要があったのだ。

posted by シリウス at 11:40| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 新居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

竹垣修復

竹垣を修復した。

竹垣修復.JPG


倒壊したコンクリートブロック塀は廃棄、アルミ柵は廃棄して新規購入し、1.8m間隔で40mの柱をコンクリート基礎で固定し、横鑱4本で固定した。と、自分では途方もない時間がかかるため、リフォーム会社に発注。出費の多さに涙したもうやだ〜(悲しい顔)

丁度タイミング良く、火災保険の契約内容確認書が届いた。見逃していたところ、近所の方から、「火災保険が適用されるのでは?」と教えて戴いた。当時は気にもとめなかったが風災も対象であった!問い合わせると申請可能とのこと。

どの程度、支払ってもらえるかは不明だが、近所の人のお話がなければ、気づかなかった。ありがたいひらめき
posted by シリウス at 01:12| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 新居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

門松の作り方

年末に自宅に帰ると、本物の門松があった。父の自作だ。

DadKado

門松の竹は山を形取るそうである。山の稜線に従い、左右対になっている竹の内側が最も長い。松は雄松と雌松をそれぞれ供える。日本庭園は雄松が一般的であるので、雌松を探すのは困難である。ちなみに、竹が鋭角に削られているのは、電動鉋で削っている。まだまだ、父には追いつけないようだ。

posted by シリウス at 00:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

Windows Live Writerでは写真の名前はは1バイト

最近はブログ作成にはWindows Live Writerを使用している。Google社のPiscaでパソコンに取り込んだ写真をWindows Live Writerでアップロードしている。

pond 

両親宅の庭の池

ところが、写真のファイル名に漢字など2バイト系文字を使用すると、写真がアップロードできない。最初は原因が分からなかったが、1バイト系英数字にするとあっさりとアップロードされた。Windows Live Writer Build12.0では、ファイル名に1バイト系文字を使用した方がよいようだ。

posted by シリウス at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

手作り門松

正月に向けて、門松を作ってみました。

CIMG0661

庭で伐採した竹を、植木鉢にさし、注連縄を巻いてみました。どこか変ですが、手作りで愛着がわきます。

posted by シリウス at 01:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

新居の道祖神様

思い切って、自宅を購入した。

買い物は新品が好きだ。人からの譲り受け以外は新品を購入することにしていた。肝心の住宅は土地神話の影響を受け、中古住宅を購入した。週末は草引きの後で日曜大工だ。と、深い草むらの中から、道祖神様が現れた。

c_l.JPG


最初はなんだか分からずに、いろんな人に聞いて初めて道祖神様と分かった。道祖神とは、平易に言うと「道の神様」で、安全祈願でもある。百科事典で見た、男女が寄り添って助け合う姿が掘られており、なんとも朗らかとしている。

そこで、ホームセンターに出かけて、日曜大工。セメントと土でコンクリートを練った。コンクリートを練るのは10数年ぶりである。そして、父が送ってくれた板を継ぎ合わせて、社を製作。茶色のペンキを塗った。

.JPG


暫く雨ざらしにされて粗末になっていたのではないかと思うと、自分がこの家を購入した意味は、正にこの道祖神様をお守りすることではないかと思い始めた。

毎朝のお供えで一日が始まる。
posted by シリウス at 02:16| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 新居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。